『DTM音楽講座(4)』

 

みんさんこんにちは

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回までで、スムーズに作業が行えるパソコンの容量などを

 

ご紹介しましたね。

 

 

今回はパソコンの音を、

 

よりきちんと聞くことができる為の機材の、

 

「インターフェイス」をご紹介したいと思います。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

みなさんはパソコンで音楽を聞くとパソコンに内蔵されたスピーカーだと、

 

かなり音が劣化したり、低音などがはっきり聞こえなかったりしないですか?

 

 

その様な音の環境で音楽を制作しても、

 

ちゃんとした音楽を制作するのは難しい点も多いです。

 

 

ですので、

 

そうゆう所を改善する為に必要なのが、

 

「インターフェイス」です。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

DTM音楽をやるにおいてこれがないと、

 

はっきり言ってできないといってもいい位です!

 

 

この「インターフェイス」をパソコンに、

 

「USBケーブル」や、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

「ファイヤーワイヤー」などで、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

接続すればいいんですよ。

 

 

「インターフェイス」には、

 

音を出力するためのステレオ用の「L R」があります。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

また逆に、

 

音を録音するときに必要な

 

入力のステレオ用の「L R」もあります。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

勿論これらは、

 

「モノラル」としても利用でき、

 

マイクなどを録音する時に必要な

 

「ファントム音源」もあるのも多いです。

 

 

また、

 

「MIDI」などありますので送受信ができます。

 

 

 

この「インターフェイス」には様々な種類があります。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

次回はそれらをご紹介したいと思います。

 

お楽しみにしていてください!