『DTM音楽講座(14)』

 

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回の「DTM音楽講座」では、

 

音名の他の呼び方を教えましたね。

 

 

今回は有名な童謡のメロディーを打ち込む実践的なことを行いたいと思います。

 

 

それでは、無料DTMソフトの「Studio One(Free版)」を、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

立ち上げて、「新規ソング」を選択しましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

そして、音色を「Grand Piano」のピアノを選択してください。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

次に音を打ち込む画面のところまでいきましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

ここでまずメロディを打ち込む前に、

 

曲のテンポ(BPM)を変えたいと思います。

 

それでは画面下にあるテンポのところで値を変更してみましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

立ち上げた最初はテンポが「120」になっていますので、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

それをこのように「100」に変更してみましょう。

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

出来ましたか?

 

 

それでは、実際にメロディを打ち込んでみたいと思います。

 

今回打ち込むメロディは「きらきら星」です。

 

 

楽譜はこのような感じです。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前々回の講座を参考にしながら、

 

それでは順番にこのメロディを打ち込んでみましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

ここで打ち込む時のポイントをご紹介します。

 

 

【打ち込むときのポイント!】

 

 

マウスを右クリックしたり、打ち込み画面左上の所で

 

動かすカーソルを矢印や鉛筆のマークにしたりすることができます。

 

これらを上手に使い分けると作業的にはやりやすいと思います。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

 

打ち込むとこのような感じですね。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

それでは実際にちゃんと打ち込めているか再生して、

 

確認してみましょう。

 

 

どうですかみなさん?

 

 

ここまではちゃんと出来ましたか?

 

 

ちゃんと出来たならこれは次回の講座でも使いますので、

 

保存してくださいね。

 

 

ちなみに保存のやり方は、

 

画面左上の「ファイル」から、「保存」を選択してください。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

これで保存することが出来ます。

 

 

今回は以上です。

 

 

次回の「DTM音楽講座」も楽しみにしていて下さいね。