『DTM音楽講座(15)』

 

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回の「DTM音楽講座」では、

 

有名な童謡「きらきら星」のメロディーを打ち込むことを行いましたね。

 

 

今回は更にこれにコード(和音)を打ち込み行いたいと思います。

 

 

それでは、無料DTMソフトの「Studio One(Free版)」を、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

立ち上げましょう。

 

そして、前回の「きらきら星」のメロディーを打ち込んだ

 

保存したファイルを選択しましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

それでは今回はコードを打ち込むので、

 

メロディーとは別の新しいトラックを立ち上げ、

 

「Grand Piano 」を選択して下さい。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

コードも人それぞれつけ方は違いますが、

 

今回打ち込むコードはこのような感じです。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

基本的に出てくるコードは、

 

「C」「F」「G」の三つのコードのみです。

 

 

ちなみにコードとは・・・

 

「いくつもの音を重ねた和音」のことをいいます。

 

 

 

今回のコードの構成音は以下の通りです。

 

 

「C」 ⇒ 「C」 「E」 「G」

 

「F」 ⇒ 「F」 「A」 「C」

 

「G」 ⇒ 「G」 「B」 「D」

 

 

では、前回などを参考にして、

 

順番に全音符や2符音符の長さで打ち込んでみましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

その時、前回メロディーは「C3」の音の高さで打ち込んだので、

 

今回は分かりやすいようにコードは「C2」から、

 

打ち込んでみましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

コードを打ち込むとこのような感じですね。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

このまま再生すると音量が大きいので、

 

少し各トラックのボリュームを下げましょう。

 

 

では、各トラックの名前の下辺りの何もない所を、

 

ダブルクリックしてみましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

そうすると、

 

このような各トラックの音量を調整出来る画面が出てきます。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

これで各トラックの音量を少し下げましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

実際ちゃんと打ち込めているか確認して聞いてみましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

(こちらの画像をクリックすると今回打ち込んだ音を再生できます)

 

 

みなさんちゃんと打ち込めましたか?

 

 

ここまではとっても基本的な作業です。

 

 

このような感じで他にも色々打ち込んで、

 

打ち込む作業をすることにまずは慣れましょう。

 

 

今回打ち込んだファイルはまた保存してくださいね。