『DTM音楽講座(21)』

 

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回の「DTM音楽講座」までで、

 

「きらきら星」のメロディーに、

 

「コード」「ドラム」を打ち込みましたね。

 

みなさんはここまでは順調に出来ていますか?

 

 

今回はもう一つ重要な楽器を入れたいと思います。

 

 

それは「ベース」です。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

まずは「ベース」について簡単にご紹介します。

 

 

この楽器は主に、

 

「低音でサウンドを支え」

 

「リズム感」を出す位置の楽器です。

 

 

いわばサウンドの中心的な存在です。

 

 

よく言うのが、

 

ベースがしっかりしていると、

 

サウンドやノリが全く違ってくるということです。

 

 

目立たない音ですが、それ程重要な音です。

 

 

 

ベースにも様々なタイプや引き方があります。

 

 

一番多く使われているのが、

 

「エレクトリックベース」です。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

これを「指で弾く」か、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

 

「ピックで弾く」か、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

 

「チョッパー(スラップ)で弾く」などで・・・

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

奏でる音は違ってきます。

 

 

 

他にも、「フレットレスベース」や、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

「ウッドベース」などもあります。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

これらはフレットがない為より滑らかな音になります。

 

 

 

 

他にも「シンセサイザー」などで入っていたりする音で、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

「シンセベース」などエレクトリックな音もあります。

 

 

最近は色々なタイプや弾き方などありますが、

 

基本的なサウンドはこのような感じですので、

 

みなさんもこの機会に是非着目して聞いてみてくださいね。

 

 

 

今回は以上です。

 

 

 

次回のDTM講座ではベースを打ち込んでみますね。

 

 

お楽しみに♪