『DTM音楽講座(23)』

 

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回の「DTM音楽講座」で、ベースを打ち込みましたね。

 

これまでの講座で「きらきら星」の、

 

メロディー、コード、ドラム、ベースなどを打ち込み、

 

大体のバックのサウンドが完成しましたね。

 

 

更にこれにヴォーカルの歌を録音していきたいと思います。

 

 

歌を録音するための準備が必要ですので順番にご紹介します。

 

 

 

まず一番大切なのがマイクが必要になりますね。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

みなさんはマイクにも色々種類があることをご存知ですか?

 

みなさんがカラオケなどでよく見かける

 

「ダイナミックマイク」や、

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

 

レコーディング用の「コンデンサーマイク」など様々あります。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

どのマイクを使ったらいいかよくわからない方もいますし、

 

マイクも価格などが様々ですので、

 

よかったらオススメのマイクなどをご紹介した、

 

「こちら」を参考にして頂けましたら幸いです。

 

 

今回使うマイクは歌の録音なので、

 

「コンデンサーマイク」の方を使用します。

 

 

こちらのマイクはとても小さな音まで録音しますので、

 

呼吸のときの小さな息使いなども録音していまいます。

 

 

ですので、出来ればこういったポップガード使って録音するほうがいいです。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

こちらもタイプは色々ありますがマイクなど購入時に、

 

セットなどでついてくるのでも十分対応できます。

 

 

 

また録音するときは出来るだけ立って歌った方が、

 

しっかり踏ん張ってお腹から声が出せますので、

 

出来れば角度を調整出来るこういったスタンドでセッティングしましょう。

 

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

またその時にマイクは出来れば、

 

上から吊るす感じでセッティングした方がいい音で録音が出来ます。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

それではマイクをインターフェイスのインプットに接続して下さい。

 

 

今回の講座はここまでです。

 

 

このように録音する為のマイクの環境をまずは整えましょう。

 

 

次回のDTM音楽講座は録音する為の設定などを説明します。

 

 

お楽しみに