『DTM音楽講座(26)』

 

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回の「DTM音楽講座」で、歌を録音しましたね。

 

 

それでは、今回は録音してみた歌を確認したいと思います。

 

 

では、これまでの打ち込んできたファイルを立ち上げてください。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

それではちゃんと録音されているか聞いてみましょう。

 

 

(下記の画像をクリックすると再生できます。)

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

尚、今回歌ってくれた方はプロではないので、

 

細かい音程やニュアンスは多めにみてくださいね。

 

 

 

みなさんはこのような感じで歌を録音できましたか?

 

録音がちゃんと出来ていて、聞こえて、

 

音量も前回注意した点を気をつけていればOKです。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

ここで1つ気をつける点があります。

 

 

録音するとこのように歌っていない初めや終わりの部分も、

 

録音がされています。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

このような部分は細かいノイズや雑音なども入っている場合もあるので、

 

必要ない場合は必ずカットして再生しないようにしましょう。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

そして最後に全体を聞いて、

 

必ずボリュームバランスを整えましょう。

 

 

特に歌が中心の音楽の場合は、

 

ヴォーカルが一番目立つようにボリュームを整えましょう。

 

 

今回の講座は以上です。

 

 

 

これまでの『DTM音楽講座』をちゃんと学習したのであれば、

 

自分で作曲して、歌うことも可能です。

 

 

このような基本的な事に慣れれば、

 

更に色々なことに応用すれば無限の可能性があります。

 

 

是非自分でも色々活用してみてくださいね。