『DTM音楽講座(27)』

 

 

『DTM音楽講座』の続きをご紹介します。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

前回の「DTM音楽講座」で、録音した歌を確認して、

 

音量などもまとめましたね。

 

 

では、録音してみた歌を書き出してみたいと思います。

 

 

まず、書き出す前に書き出すファイルの種類についてご説明します。

 

 

通常CDなどに書き出すファイルで多いのが、

 

「WAVファイル」です。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

勿論、人によって色々ありますが、この形式が一般的です。

 

 

中には「MP3」などで書き出す人もいますね。

 

 

アイドル,アニソン,ゲーソン,依頼,アイドル曲,オリジナル曲,作曲,提供

 

 

この違いってみなさんは知っていますか?

 

 

わからない方もいると思いますので、順番にご説明したいと思います。

 

 

 

 

「Wavファイル」とは・・・・

 

 

Windowsの標準オーディオフォーマットです。

 

CDと同じ音質で1200Kbps以上のビットレートで、高音質です。

 

また、ファイルに圧縮がないため、データサイズが大きいですが、

 

原音に忠実な音質で、書き出すことが出来ます。

 

74分の収録に約650MBとCDと同等の容量を占有します。

 

 

 

 

 

「MP3」とは・・・

 

 

動画圧縮技術「MPEG」の標準音声フォーマットの一つです。

 

こちらはファイルが圧縮してあるため、

 

通常のCDと同じ音質ではないですが、

 

多くの人は、通常のCDとわからない位の音質に聞こえます。

 

利点は圧縮してあるためデータサイズがかなり小さいです。

 

ですので、メールの添付ファイルなどでも送ることが可能です。

 

容量を節約できるため音楽を保存する用に利用する方も多いです。

 

 

 

以上が簡単な違いです。

 

 

 

自分で作曲したり、仮歌などで歌を録音されたり本格的に扱う方には、

 

「WAVファイル」をオススメします。

 

 

一方、手軽な音質でデータを扱うなら、

 

「MP3」でもいいと思います。

 

 

このように自分の使う目的や用途によって、

 

書き出すファイルも選んでみてくださいね。

 

 

 

次回は、録音してみた歌を実際に書き出してみたいと思います。

 

お楽しみにしていてくださいね。